星伍/29歳/福岡県/何気ない日々に思う事をのんびり綴るホークスファンの雑記帳。
by fivestar777jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2005シーズン・鷹編
昨日のブログで、パ・リーグ5球団の話をかいつまんで書いたけど、
今日はそれをホークス1球団で、より深く書こうと思ってます。

なお、かなり個人的な意見になると思われますので、
異なる意見をお持ちのホークスファンの方は、
笑って見逃がしてやってくださいな(笑)

では、いってみましょ〜↓

【福岡ソフトバンクホークス:04シーズン1位・プレーオフ2位】

《投手陣》
先発投手は斉藤・新垣・和田・杉内の左右2投手で4本柱を構成。
これにグーリン・馬原・寺原・星野に加え、
05シーズンより山田も先発ローテ争いに加わる見通し。
若手の神内の成長も期待される中で、
残る2つのローテーションの椅子は、調子を見て入れ換えていきそう。

中継ぎに関しては、倉野・佐藤・松・岡本・吉武などが顔を並べるが、
左投手があと1人欲しいところ。
そこで04シーズンを怪我で棒に振った篠原の復帰に期待される。

抑えは04シーズン最優秀救援投手の三瀬
新外国人投手左腕のフェリシアーノの2枚看板となるか。
この2投手に8回9回をしっかり任せられれば、
ゲーム中盤から終盤にかけての試合展開に安定感が生まれる。
04シーズンは三瀬の左腕1本への負担が大きすぎただけに、
この2投手にゲームを締めるリレーをして欲しい。

もう一つ注目なのが、ベテラン投手陣の奮起。
田之上・吉田・永井・水田といったところが、
1軍投手枠にどう食い込んでくるか。
彼らの福岡ドームでの活躍を心待ちにしているファンも多いはず。


《野手陣》
04シーズンから05シーズンへ。
投手陣よりも劇的にメンバーの変革があったのがこの野手陣。
まず、03シーズン100打点カルテットのうちの2選手、
井口バルデスが戦列を離れました。
逆に新しい戦力として加わるのが、元バファローズの大村。
そしてバティスタカブレラの2選手を米メジャーリーグより獲得。
この補強により、チーム内のポジション争いは近年稀にみる激戦に。

まず内野。
キャッチャー城島、ファースト松中、ショート川崎というのは、
攻守ともに見ても、誰の文句もなく既定路線。
新外国人選手がメジャーでの数字通りの活躍を見せるなら、
セカンドカブレラ、サードバティスタというのがベストの布陣。
ただし、新外国人が日本の野球に適応出来るかどうかは、
正直フタを開けてみないと分からない部分が大きいので、
このポジションを鳥越・本間・吉本・瑞季・稲峰・明石らが狙う。

外野に目を向けてみると、内野以上の激戦区に。
元バファローズの大村という強力な新戦力が加わった事で、
ポジション争いが一気にし烈になりました。
04シーズンの成績を参考にするなら、
外野手はレフト宮地、センター大村、ライト柴原でしょう。
ただ、これに向かってレギュラーの座を狙うのが、
荒金・出口・井手に加え、ジャイアンツから井出も参戦。
若手成長株の城所も含めると、内野以上に厳しいです。
宮地・大村・柴原は全員左打者ということで、
相手先発によって荒金・出口などの起用も考えられます。

DHは残留が決まったズレータと、
ミスターホークスのベテラン大道の2枚看板。
基本ズレータで、大道は代打の切り札として控えるでしょうが、
内外野でポジション争いをしている選手が、
調子によってはここで使われる可能性も十分にあります。

《総括》
04シーズン以上に厳しくなったチーム内争い。
これはチーム全体の戦力の厚みを意味します。
長いレギュラーシーズンを戦い抜くのには必要不可欠ですし、
短期決戦のプレーオフは、選手の持ち駒が多い程有利です。
まずはキャンプやオープン戦で、チームの骨格が見えてくるでしょう。
大きなけが人もなく、開幕を迎えて欲しいです。
ファンとしては誰がレギュラーを獲るのか、ホント楽しみです。

首脳陣に対して正直に思うのは、
新外国人選手を色眼鏡で見ないで欲しいという部分。
現役メジャーリーガーという看板を背負ってくる選手ですが、
極度の不振でも使い続けたり、
怠慢なプレー、特別待遇は認めない事が大事
ですね。

ただ新外国人選手と言うのは、プレー以外でも環境に慣れる事、
相手投手を1から分析しなければいけない事、
言葉や食生活の違いや、異文化圏での生活。
それらの条件をクリアした上でさらに、
納得できる結果を残せなければ日本人選手以上に冷遇されるという、
難しく厳しい部分が非常に多いものですから。
なじみの選手とのポジション争いになる事で歓迎出来ないって感じでも、
ホークスと契約を交わした時点で、チームの一員ですので、
ファンは快く迎え入れたいところですよね。

ホークスとしては、天敵と言われているライオンズ
そして相性のよくないマリーンズを中心に、
しっかりとした対策を持ってシーズンに臨んで欲しいですね。
どのチームも目指すところはリーグ制覇→日本一でしょう。
もちろんその気持ちは、各球団を応援してるファンも同じ事。
05シーズンもいいプレー、いいゲーム、そしていい勝利を
たくさん見れることを期待したいと思います。
[PR]
by fivestar777jp | 2005-01-16 17:01 | 鷹雑記
<< 大満足 2005シーズン >>