星伍/29歳/福岡県/何気ない日々に思う事をのんびり綴るホークスファンの雑記帳。
by fivestar777jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
折り返しに向けて
また一週間が始まってしまいました。
月曜日の星伍です。どうも。

さて。
セパ交流戦も15試合を消化しまして、
ホークスは交流戦成績は8勝6敗1分の現在5位。
個人的にはまだまだOKな位置につけてると思います。

ここ2試合のタイガース戦で失点が多いですが、
交流戦のチーム防御率は2.71で、12球団中第2位です。
決して悪い数字じゃない…ってかむしろいい数字。
しかし、交流戦が始まる前に考えてたようには勝ててないですよね。
原因は何なのかな、と。

タイガース3連戦は、中継ぎ投手陣が失点を重ねるケースが多く、
勝った初戦も終盤にズルズル失点する後味の悪いものでした。
どうも自滅の感が強いんですよね。
…しかし、それ以上に気になるのが打撃陣です。

特に敗戦した土日は、打ち負けた気はしないんですよね。
土曜日はタイガース16安打に対し、ホークスは11安打。
日曜日はタイガース12安打に対し、ホークスは10安打。
死四球も2日でタイガースが9、ホークスが8と変わりません。
しかし、結果は土曜日2-9、日曜日4-8なわけです。
2日で6安打の差ですが、得点差は11差。
いかに『最後に攻め切れない』状況が深刻なのかがわかります。

個人的には相手先発の左右を気にし過ぎな気もするんです。
ちょっと日替わりでの打線を組み換えが目立ちます。
ただでさえ初対戦が続く交流戦、投手有利な状況ですから、
出たり出なかったりするとリズムが掴めないでしょう。
ひとまわり対戦が終わるまでは『慣れの期間』くらいと考えて、
多少攻め切れないとしても、
どっしりオーダーを動かさなくてもいいんじゃないかなぁと。

あとはどんなカタチでも1点を取りにいくことが大事ですね。
本塁打もスクイズも同じ1点。
この2戦のように“ランナーを出しても点が入らない”というのは、
投げてる投手に対しても必要以上のプレッシャーを与えてしまいます。
結果、先発や中継ぎの投手陣もリズムに乗れず…といった感じ。
どちらも悪影響を与え合ってる状態ですね。

明日からのベイスターズ3連戦で、交流戦はひとまわりします。
交流戦が始まる前から
「ひとまわりは勝率5割、ふたまわり目で貯金を」と期待してました。
今週6試合の戦いぶりは、チーム状態を立て直す重要な連戦になりますね。
首脳陣の采配に非常に注目しています。
[PR]
by fivestar777jp | 2005-05-23 11:20 | 鷹雑記
<< ペット そうそう >>