星伍/29歳/福岡県/何気ない日々に思う事をのんびり綴るホークスファンの雑記帳。
by fivestar777jp
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Close Up Player 〜Vol.3〜
ドモドモ。
毎回、オイラの独断と偏見で“旬な選手”を取り上げて、
何か色々と書こうと思ってるこの企画。
過去の選手はこっち→Vol.1 Vol.2
対して詳しい内容は書いてないので、
期待外れでも笑って見逃してくださいな(完全に自己満足な企画)

で、第3回に取り上げる選手はこちら!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


宮地 克彦【37】外野手 左投左打

今やホークスの強力打線の中でも、屈指のアベレージバッターとして
そのポジションを獲得した宮地選手でございます。
ちょこっとだけですが、宮地について掘り下げてみましょう。

高校野球の名門、尽誠学園のエースとして甲子園に出場。
89年にドラフト4位でライオンズに入団しました。
93年に野手へコンバートされ、以降は外野手として活躍する。

02年には1軍に定着して優勝に貢献するものの、
03年オフにチームを若返らせる構想から戦力外通告を受ける。
合同トライアウトを経て、ホークスへ入団する。
入団1年目の04年は規定打席に達しなかったものの、
.310の好成績を残しチームに貢献。
今シーズンも好調を維持し、7/8現在で打率.331はリーグ3位。


さてさて。
正直言ってしまいますが…ライオンズ時代の宮地、あまりわかりません(笑)
調べてみると、2軍では首位打者や最高出塁率など、
キッチリと成績は残していたようです。
2軍で成績は残しているものの、なかなか1軍に上がれる機会がなかったようです。
当時のチームのニーズに合わなかったのかな?

宮地がライオンズから戦力外を受けた時、
ホークスは村松がFA宣言でチームを去っています。
即戦力で、左打ち外野手の補強は、ホークスにとって急務だったわけです。
“ホークスの宮地”になってからの活躍は、みなさんの知るところ。
惜しくも04年は規定打席に届かなかったですが、
存在感を十分に発揮したシーズンだったと思います。

オイラの思う宮地の一番の魅力は“チャンスメーク力”なんですよ。
回の先頭であっても、2アウトランナーなしからでも、
状況に応じてチームのチャンスを作り出せるのが最大の武器だと。
本当に野手のいないところに打球を飛ばすのが上手い。
加えて、高い得点圏打率の勝負強さ(7/8現在で.393)。
この選手が現在8番を打ってるのがホークスの打線なわけです。
というより、大村-川崎という1・2番がいますので、
宮地が最大に活きる打順は8番かもしれません。

自分の見る限り、守備でも安定した守りを魅せてますよね。
何度か好返球で投手を救った場面も記憶していますし。

現在の好調を裏付けするように、
7/8発表の2005オールスターで、監督推薦でも選ばれました。
長い選手生活の中で掴んだ、大きな晴れ舞台。
さらに大きくステップアップして欲しいです。
[PR]
by fivestar777jp | 2005-07-09 10:27 | 鷹雑記
<< 休みでもええんちゃうん サクサク派 >>