星伍/29歳/福岡県/何気ない日々に思う事をのんびり綴るホークスファンの雑記帳。
by fivestar777jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
さてさて
さてさて、順位ももろもろ決まったことですし。
一時期リフレッシュでイエロー版のデザインにしてましたが、
もう落ち着いて戻してもいいっしょ(笑)
ってなわけで、プレーオフの展望を書いておきたくなりました。

今季パ・リーグのシーズン順位は以下の通り。
(9/26現在 ※印は順位未定)

1.福岡ソフトバンクホークス※
2.千葉ロッテマリーンズ
3.西武ライオンズ
−−−−−−−−−−−−−−−−プレーオフライン
4.オリックスバファローズ※
5.北海道日本ハムファイターズ※
6東北楽天ゴールデンイーグルス

◎状況
現在のとこですが、ホークスとマリーンズのゲーム差は3。
残り試合の結果次第では、最大5ゲーム差まで開きます。
そうなると、もし第1Sでマリーンズが勝ち上がった場合、
ホークスにアドバンテージ1勝が与えられます。
また第1Sでライオンズが勝ち上がった場合、5ゲーム差以上差があるので、
これまたホークスにアドバンテージ1勝が与えられます。
マリーンズとの差が5ゲーム差以内で第1Sを勝ち上がった場合は、
アドバンテージなしでの第2Sとなります。

◎対戦成績
マリーンズとの今季の対戦成績は10勝10敗。
しかも、ホームで5勝5敗、ビジターで5勝5敗と完全に五分。
どうしても千葉マリンは苦手意識が強いように感じますが、互角なんですね。
ライオンズに対しての今季対戦成績は11勝9敗。
ホームで5勝5敗、ビジターで6勝4敗という成績。
こちらもマリーンズと同じようにほぼ五分の成績です。

◎投手陣
個人的には、圧倒的にライオンズの方が与し易いかと。
やはり短期決戦で一番大きな勝敗を左右するのは先発投手。
清水・渡辺俊・小林・セラフィニと固定ローテを持つマリーンズに対し、
松坂・西口に頼る傾向のライオンズ。
しかも、最終カードで松坂・西口から白星を挙げているホークスとしては、
尚更なわけですよ。
ただ昨年の経験を考えて、短期決戦でのライオンズの集中力は要注意。

◎打撃陣
ホークスは城島、マリーンズはベニー、ライオンズはカブレラ。
各チームともポイントゲッターを欠く状況です。
マリーンズは連打・集中打のチーム、
ライオンズは要所で1点を取りに来るチームだと。
ホークスの投手陣のクセを考えると、マリーンズの方が嫌ですが、
それぞれ特徴は違えど同じくらい怖い打線ではあります。

◎総評
ホークスにとってはアドバンテージを考えると、
第1Sはライオンズが勝ち上がってきてくれた方が断然優位な状況です。
ただ、マリーンズとライオンズのシーズン対戦成績では、
マリーンズの12勝8敗と、やや優位な感じ。試合は千葉でありますしね。
イッパツ勝負の短期決戦。余計な気合いで入れ込み状態になることなく、
ホークスらしく戦ってくれれば日本シリーズへ駒を進めることが出来ると信じてます。

簡単に言ってしまえば…
鴎でも獅子でも……出てこいやぁー!(←高田延彦調)
[PR]
by fivestar777jp | 2005-09-26 19:12 | 鷹雑記
<< いよいよ大詰め 買いました >>