星伍/29歳/福岡県/何気ない日々に思う事をのんびり綴るホークスファンの雑記帳。
by fivestar777jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プレーオフ第4戦
       123456789 計  | 勝 H吉武(1勝0敗0S)
 マリーンズ 100100000 2  | 敗 M小林宏(0勝1敗0S)
 ホークス  010200000 3  | S H馬原(1勝0敗1S)
 
       本塁打/Hズレータ 1号、2号 M 里崎 2号
       安打数/H5 M5

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・

昨日は記事を2つに分けたんだけど、
今日はめんどいので1つにまとめます(笑)

お昼頃に彼女と彼女の妹さんとドームで合流し、
オクタで昨日の試合と今日の試合の話をしながら昼食。

ハリーズを一通りうろうろしてから、ファンクラブ会員で早く入場。
ホークス選手の打撃練習を最前列でゆっくり見る。
松中が連発でどんどんスタンドに叩き込んでる姿を見て、
同じように早く入場してるファンの人から拍手が沸き起こる(笑)
やっぱ色々あるけど、やっぱみんな松中には打って欲しいんだよね。

で、いよいよゲームが始まります。
先発はホークス和田、マリーンズ小林宏の両投手。
初回、立ち上がりの和田に対してマリーンズが攻勢に出る。
先頭の西岡に四球を与えてしまったため、後手後手の苦しい投球。
結果、最小失点で抑えるものの20分以上の攻撃時間をもって先制点を許してしまう。
オイラは勝手に西岡を“仮想・赤星”と思ってるので、
とにかく塁に出さないよう出さないよう注意して欲しいんだけどなぁ…。

しかし2回裏。ズレータに待望の…待望の1発が!
松中と同様に快音の聞かれなかったズレータ、昨日のツーベースで吹っ切れたよう。
この後カブレラにもヒットが飛び出し、イケイケの雰囲気だったんですが、
続く大村の当たりは快音を残すもののサードライナーでゲッツー。
うーん、同点止まりで攻めきれなかったかぁ。。

4回表にマリーンズ里崎にソロを浴びて勝ち越されるものの、
その裏にまたしてもズレータ!今度はツーランで試合をひっくり返します!
そしてこの時点(4回)で和田は降板。高橋秀にバトンを繋ぎます。

しかし、高橋秀がなかなかに苦しいピッチング。
先頭の掘にヒットを許し、続く西岡に死球で無死1・2塁。
ただ、ここでベンチが英断を下す!
無死1・2塁で、打者はマリーンズ大塚。
複雑な状況の中で、リリーフ吉武を起用。非常に早い判断でした。
吉武はこれに応え、送りバントをサードで刺すファインプレー!
後続も抑え、この回を無失点に切り抜けます。
この吉武の送りバントを刺したプレー、この試合の勝敗を分けたポイントでした。
b0043326_210172.jpg
プレーオフでのジェット風船の黄色いじゅうたん。
レフトの1部分が黒軍団で埋まってるのがよく分かります(笑)
昨日以上に人数増殖してたなぁ…。

結局、吉武は2 2/3を1安打3三振に抑える最高のリリーフ!
さらにその後を三瀬→馬原とノーヒットリリーフで見事逃げ切る☆

ホークス、2連敗のあとの2連勝で逆王手!
ついに状況で初めて優位に立ちました!

b0043326_213411.jpg今日も見れた勝利の花火☆
昨日同様に最高に綺麗でした!
さあ、これで2勝2敗。
しかし、勢いの差は明らか!
さらに2連勝の勢いそのままに、
間に休息日を挟む事なく
明日のゲームに臨めることも大きい。


b0043326_23531.jpg
さらにルーフオープンの隙間から見えたキレイな月明かり。
ホークスの勝利を見て、勝利の花火を見て、ドームの屋根からのぞく月を見て。
この2試合で見れた2勝は、ほんと印象深い観戦になりました。

試合後はハリーズ2の前をびっしり埋め尽くす人数での2次会に初参加!
もう大勢の鷹のぼせさんで大変なことになってました(笑)

泣いても笑っても、明日が最後の決戦になります!
先発は杉内vsセラフィニが予告されています。
第1戦の借りを返し、今年こそ歓喜の雄たけびをあげたい!

オイラの見る限り、強いホークスが戻ってきました。
土曜の大逆転を受けてですが、
実は日曜の試合、勢いノリノリのまま勝つことを恐れてたんですよ。
勢い勝負になるとその日はいいけど、翌日はどっちに転ぶか分からない部分があるんで。
ですんで、今日の日曜の試合。
小得点・僅差でのホークス勝利なら、月曜日も大丈夫!と、
試合前に彼女と話してたんです。
で、思い通りの展開となってくれました!

ちなみに10月11日の記事で

一番大きな勝負どころは、クローザーではないかと。
短期決戦になればなる程、最後を託せる投手の存在は大きい。
特にこういう高い先発投手力が拮抗してる場合はですね。
ホークスは馬原&三瀬、マリーンズは小林雅。
ここでの勝負が大きくステージを左右すると思うんです。
非常にオイラが注目してる部分ですね。


昨日の小林雅。今日の馬原&三瀬。
…オイラの目論み、当たってると断言してもよかですか!?(笑)

ヒーローインタビューのズレータのコメント

パナマウンガザムライ!
ゼッタイニアリカメナイ!……アキラメナイ!
ミナサン、アシタハガンバリマス!


プレーオフ第5戦を前に、初めてこのフレーズを使います。
全てはこの決戦のために!
[PR]
by fivestar777jp | 2005-10-17 01:10 | 鷹雑記
<< ホークスらしく! さあ舞い上がれ! >>