星伍/29歳/福岡県/何気ない日々に思う事をのんびり綴るホークスファンの雑記帳。
by fivestar777jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
王座奪還に向けて
オイラは基本的に応援しているチームの批判はしないクチです。
チャンスで打てなかったから「辞めろ」とか、
ピンチで抑えられなかったから「要らない」とか。
そういった類いの話が苦手なものでして。。。
参考にならない意見はしょっちゅうなんですけどね(汗)
「来季こそは!」の意味合いを込めて、
オイラなりにホークスというチームの問題点、改善点を書いてみようかと。
…オイラよりしっかりした視点で、すでに書かれてるかもしれませんが^^;

◎チーム全体として
 《選手層の問題》
 非常に個人能力の高いチームなんですが、
 全体的には“選手層が厚い”とはなかなか言い切れないのが現状。
 特に1軍と2軍との戦力差が大き過ぎる印象なんですよね。
 結局、1軍内でのポジション争いは激しくても、下から追われる怖さがない分、
 チーム内競争としてはちょっと弱さがある気がする。

 《バリエーション》
 上記の選手層に関連する形で、バリエーションの薄さが浮き彫りに。
 仮に新戦力が台頭しても、シーズンを戦う内に分析されてしまう結果に。
 今季のマリーンズが様々な顔を持っていたのは極端過ぎる例にしても、
 あと2・3種類の手はチームとして保有しておきたい。


◎打撃陣
 《3番打者》
 今季はシーズン通してバティスタが勤めました。選手起用・オーダーは
 ベンチが決めることですから、オイラとしてはバティスタは良くやったと思う。
 言いたいのは“適材適所”ではなかったということですかね。
 1・2番に走れる選手、4・5・6に大砲が控えるチームで、
 3番の役割は非常に重要。あらゆる場面で柔軟な対応が出来ないといけません。
 走れて、率を残せて、1発もある井口の代役を勤めるにはちょっと引出しが苦しかった。
 どちらかというとカブレラの方が適任だったような。

 《いやらしさ》
 個人能力の高いチームにありがちですが、ちょっと正攻法過ぎる印象。
 仕掛けてもいい場面、賭けに出てもいい場面、遊び心があっていい場面。
 ファーストストライクを積極的に打って行くことも大事だけど、
 とにかく“打順1周りは球数を投げさせる”に固執するなんて部分も必要かと。
 ある意味上記の「バリエーション」にも当てはまる話かも。

 《集中力》
 特にシーズンの後半、試合の終盤に全く当たりの出なくなる試合もチラホラ。
 今のプロ野球、以前の先発完投型と違って中継ぎ・抑えの重要性が増した分、
 いかにゲーム後半での打者の集中力が継続しているかが大事になってきます。
 オイラが観てた中でも、試合の序盤より終盤の方が明らかに早撃ちが多かった。
 特に投手が変わった際の先頭打者にはここ大事になってきますよね。

◎投手陣
 《コンディション作り》
 今季は、基本的に投手陣は問題ないと思ってますが、調子の波がぶれ過ぎてる投手が数名。
 先発では完封するが大炎上する投手より、毎試合失点するもののゲームを作る方が、
 中継ぎではピシャリ完全に抑えるより、ゲームの流れを断ち切らない方が、
 野手から見ても全体的にリズムが作りやすいはず。
 ある意味MAXの球速を1km上げるよりも大事な部分。

 《攻め気》
 若いせいか、正直オイラはまだホークス投手陣は大人しいと思ってます。
 もっと相手打者の内角へ、エグいボールを放ってもいいんじゃないかと。
 何て言うか、“キレイにまとめよう”とし過ぎてると言うか…。
 いい決め球を持ってるのに、相手打者の方が恐れずそれを狙ってくる。
 結果、「調子がいいのになぜか打たれる」という悪循環へ。
 猪突猛進や強引一辺倒ではNGだが、もっと効果的に見せ球を使えるはず。


…細かく突き詰めて行けばまだまだあるんですが、
大きく分けるとこんなもんでしょうか。
うーん、ありきたりな意見ですが、こういう部分が気になりまして。
きっとオイラの好みがもっと細かい野球なんだろうなぁ(笑)
[PR]
by fivestar777jp | 2005-10-22 16:09 | 鷹雑記
<< 来季の誓い 要・気分転換 >>