星伍/29歳/福岡県/何気ない日々に思う事をのんびり綴るホークスファンの雑記帳。
by fivestar777jp
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
決断は“夢”
今日は火曜日、微妙に曇りの福岡からども、星伍です。
いつもなら「今週まだまだだなぁ」と思うところだけど、
明日は祝日。うむ、今週はいい感じだな☆

という前置きはとりあえずいいとして。
ホークスファンの誰もが注目していた問題に決着がつくようです。
こちら→城島がマリナーズ入り表明へ【日刊スポーツ九州】

3年1500万ドルでの基本合意か。
この世界でここまでの話が表に出ると言う事は、あとは形式上の報告のみ。
来季から“マリナーズの城島”としてプレーすることになったわけで。
どうやら昨日の午後に王監督との会談もあったようで、
きちんと「最初に報告するのは監督」という筋は通したようだし。

思えば、城島が「来季FA取得」の報道が流れた去年から、
長い間ずっと気にしていた話だったなぁ。
結果的にメジャーを選んだ事について、残念な気持ちは非常に強いんですけどね。
戦力としてもそうだし、1個人としてもチームにとって大きな存在だし。
リーグ初優勝した時の城島の泣きじゃくった顔は鮮明に覚えてる。
城島のホークスに対する思い入れが強いのは明らかだし、
それは「国内他球団への移籍はあり得ない」という姿勢で示してるしね。

結局、オイラもそうなんですよ。
どうしてもファンの立場、目線で見てしまうので、
「メジャーってそこまで魅力的なのか?」という部分はあるんですよね。
メジャーが高い技術とアグレッシブでパワフルなのは見てて分かる。
ただ、自分が「そこでプレーしてる姿」をイメージ出来るのは、
実際にプロ野球選手としてプレーしてる人じゃないと、
本当の意味での“メジャーの魅力”を感じる事は出来ない事だろうし。

そういう部分では、城島のケースでは「ファンを置いて行ってしまう」とは思わない。
彼なりに手順を踏んで、筋を通しての決断なのは十分伝わってるし、
「時間を惜しみなく使いたい」とチーム選択を悩んだ発言をしたにも関わらず、
思いのほか早く決断をしたというのは、
ホークスの来季のチーム編成への影響が最小限で済むようにという、
城島なりの最後の配慮だとも受け取れるし。
もちろん、それだけの条件と待遇ををマリナーズが提示したのもあるだろうけど。

城島にとって悩んだのはメジャーかホークス。
言い換えればメジャーは野球人としての夢であり挑戦。
ホークスは家族を一番に考えた場合の生活と安定。
そして、彼は前者を選んだわけで。
確かにファンは彼を一生懸命彼を応援してるし、
城島自身もそれは重々承知してる部分ではあると思う。
しかし、彼は(というか選手は皆)ファンのためにプロ野球選手になるわけではなく、
野球が好きだからこそプロに入り、実力社会で生き残る懸命な姿を見てファンは応援する。
「野球は仕事ですから」とさらりと言う彼はやはり、
それでも根っからの野球人であり野球少年なオトナだった。

心配すんな。
ホークスは俺達がしっかり応援して支えるからなぁ。
思う存分、気が済むまで暴れてこいよっ。
んで、「メジャーはたいした事なかった」って笑って帰ってくるなら歓迎するからな。
「うまくいかなかった」って泣き言言うなら帰って来るんじゃないぞ!
[PR]
by fivestar777jp | 2005-11-22 10:38 | 鷹雑記
<< 仲直り 制度改正…? >>