星伍/29歳/福岡県/何気ない日々に思う事をのんびり綴るホークスファンの雑記帳。
by fivestar777jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
球団が“変わった”
2005年オフのホークス契約更改。
先日の斉藤の更改でひとまずひと段落となりました。
まだ松中とズレータの交渉が残ってるけど、
来季の契約は有効なので、契約延長と言う話だしね。

で、全体的な感想を言えば、『甘い』契約更改だったですな。
「この選手の成績でこれだけ上がるの?」なんてのもあるけど、
そういう批判要素の疑問はとりあえず置いておいて(笑)

感心したのは斉藤と球団の契約更改。
複球団初となる、投手での数年契約を締結したわけです。
7億5000万円+出来高5000万円の3年契約。

斉藤側としては、今季と同等の活躍をすれば、
それこそ年棒3億越えも視野に入るわけで。
その『大幅アップ』の可能性を失ってまで、
“投手陣の複数年契約”の扉を切り開く事を選択。

球団側としては、肩に爆弾がある投手に対しての複数年契約は、
それこそ常識ではリスキーな選択以外のなにものでもないわけで。
にも関わらず契約を結んだ事は、単なるいち投手としてではなく、
投手陣全体の精神的な柱としての責任と期待も込めたものだと。
城島が抜けた事で、若手投手陣をまとめあげる責任もあるだろうしね。

こういう契約は、『上がったね』的な話とは別に、
特別応援してる選手じゃなくても聞いて嬉しいですねぇ☆
特に球団側に対して、プラスの印象を持ちました。
オイラとしては、投手に対しての複数年契約を認めなかった、
今までの球団の姿勢も十分理解出来ます。
むしろ、それが一般的な考え方でしょうしね。
「誰でも出来るわけではない」とクギをさしてるとは言え、
この球団の決断は『いいフロントへの変化』とオイラは実感として捉えてます。

斉藤にも、球団にも「いいチョイスでした!」と拍手を贈りたいっす。

大きな波風も立たずに無事に終わろうとしてる、ホークスの契約更改。
その分しっかり休養して、来季こそ日本一奪還を!
[PR]
by fivestar777jp | 2005-12-26 15:09 | 鷹雑記
<< ビッグ契約へ チキン・リトル >>