星伍/29歳/福岡県/何気ない日々に思う事をのんびり綴るホークスファンの雑記帳。
by fivestar777jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
WBCアジア予選 vs韓国
  123456789計
韓国0000100203 ※韓国1位、日本2位通過が決定
日本1100000002

《日本投手》渡辺俊ー藤田ー杉内ー石井ー藤川ー大塚
《日本HR》川崎1号

互いに2次リーグ進出を決めている両国代表チーム。
かかっているのは1次リーグ1位通過に加え、ライバル国としてのプライド。
サッカー同様、日韓の代表戦というのは通常以上に気合いの入るものです。
もちろん『絶対に負けられない戦い』とオイラは認識しています。

日本代表の先発は、先発投手陣のキーマン渡辺俊。
これだけの変則フォームの投手は、他国にとっては非常に効果的な武器。
初回より安定した投球で、韓国打線を封じていきます。
3回に2死満塁のピンチも、元同僚のイ・スンヨプを打ち取って退けました。
(かなり甘い球だったので明らかに打ち損じ)

打線はホークス2選手の打点で主導権を握ります。
初回、松中のタイムリーで先制点。2回には川崎のソロアーチで追加点を上げます。
しかし、韓国代表の投手陣も踏んばり、塁に走者を出すものの粘り強いピッチング。
試合は膠着状態になります。
5回表に韓国代表に1点を取られ、試合はさらに我慢比べになりました。

オイラがこの試合のポイントと思ったのが7回裏の日本の攻撃。
1番からの好打順、先頭のイチローが死球で出塁。
韓国代表は西岡のところでリリーフにク・デソンを送ります。
丁度彼女と電話しながら見てたけど、ここ!オイラが思ったポイントはここ!
西岡の所で代打宮本→送りバントで1死2塁にしたところで、代打和田。
これがこの時にオイラが描いた攻めのシナリオでした。
ただ、西岡にそのままバントさせて失敗、代打和田ー4番松中と倒れて無得点。。。
いくら西岡が調子がいいとは言え、日本屈指のバント技術を持つ選手がいながら、
ここで使わない手はなかった。スコアリングポジションにランナーを進めるのが、
なによりも大事な場面だったと思うんですよ。

この回で得点出来なかったその直後、石井がイ・スンヨプに逆転の一発をもらいます。
ボール先行で苦しい投球、不容易に投げた高めのスライダーでした。
うーん…前の回で流れを引き寄せられなければ、こうなるのがスポーツ界の常。
やはり試合の流れは自分で持ってくるもんだなぁ…。

これで韓国1位、日本2位通過が決定したわけですが、
この借りは2次リーグでしっかりとお返しさせてもらいましょう。
本番はこれからデス!
2次リーグには日本・韓国の他に1次リーグプールBの上位2チームからなります。
アメリカは大本命、あと1チームはメキシコかカナダと予想されています。
これからが本当の意味での勝負。
1次リーグ以上に真剣勝負の場になってきます。応援しましょう!
[PR]
by fivestar777jp | 2006-03-05 21:33 | 日本プロ野球
<< ベテラン健在!今季観戦初勝利 WBCアジア予選 vs台湾 >>