星伍/29歳/福岡県/何気ない日々に思う事をのんびり綴るホークスファンの雑記帳。
by fivestar777jp
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
闘争心なきものは必要なし
厳しいようだけど、今日の敗戦は松田と三瀬。
ホントこれに尽きるなぁという印象。
ちょいと2人には一度下でやり直してもらわないと。
技術ウンヌンではなく、気持ちの面でこのまま1軍では使えない。

松田は序盤の無死1・2塁のチャンス、2度もバント失敗で潰してる。
1回目のバント失敗は完全にヘタクソだったとして、
2回目は初球のストライクをバットを引いて見逃す。これがイカン。
危うく2塁走者が刺されそうになったし、
無駄に1ストライク与えることで、気持ちが追い込まれる。
結局、バントひとつするにしても余裕がないわけで。

その失敗の2回のあと、どちらとも続く山崎がバント成功し、
2回とも2死2・3塁のカタチになっているわけで。
序盤に不安定だったタイガースの安藤を完全に助けてしまっていた。
結果、攻めてるのに点が取れない状況がチームを焦らせ、
カブレラの暴走を引き起こしたりと、チームにとって悪影響。
寺原は失点はエラー絡みのものだったわけで、
十分合格点の投球をしていただけに攻撃陣が見殺ししてしまった。

三瀬に関しては、勝負する気持ちが全く見えないのが正直なトコロ。
代打浜中を釣り出して敬遠で歩かせるところまでは、
予定通りのベンチの采配だったように思える。
ただ続く鳥谷の打席で、山崎が再三内角に構えるも、
そこに思い切った投球が全然行かない。外角に置きに行く。
結果歩かせ、右打者の矢野にガツン!
…四球→タイムリーじゃあ、勝負どころで使える投手ではない。

一番の問題は松田同様、気持ちが負けてるのが見て取れる点。
三瀬の場合、初球がボールだとほとんど抑えられないことが多い。
結局、気持ちの面で勝負出来てないように見えるんですよね。
見てて『抑える』ことより「相手の打ち損じ」を期待してしまう。
それじゃあ敗戦処理ならともかく、今日みたいな場面は任せられん。

松田も三瀬も、仮に「代わりの選手がいない」にしても、
一度2軍に落とさなきゃいかんと思うわけです。
特に松田は“英才教育中”であるとは言え、
まだキャンプから1軍の華やかな空気しか知らない状況で今まできてる。
『プロである以上結果を出せなければ落とされる』という、
厳しい部分を早い段階で身を以て経験させておいた方が吉な気がする。
そしたら次に上がってきた時は、2度と落ちたくはない!って意識から、
今は全然感じられない『くらいつく根性』が見えてくるかも。
バントひとつにとってもね。

戦う姿勢を前面に出せないなら、プロとは呼べぬぞい。
それこそ先日の山崎の姿を思い出して欲しいね。
ちょっと今の状態のままでは、三瀬にも松田にもいい影響は出ないと思うんですよ。
余計に責任感から押しつぶされていってしまう感じがしてならない。
ちょっと今日は見てて、何より気持ちで負けてたような気がして悔しかったっす。
試合に負けた事より、そういう部分がねぇ。

試合は、最後に大村が根性見せて一矢報いたのが救いかな。
1勝1敗で迎える明日の試合、今度は負け越すわけにはいかんぞ!
[PR]
by fivestar777jp | 2006-05-13 21:54 | 鷹雑記
<< よく勝ち越した! 久々の快勝! >>