星伍/29歳/福岡県/何気ない日々に思う事をのんびり綴るホークスファンの雑記帳。
by fivestar777jp
<   2006年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧
みんな良く投げた!
今シーズンはずっと投手力で勝ってきたホークス。
今日の試合も、投手陣の粘りと気合いでモノにしたゲーム。
先発の和田は序盤はピリッとしないものの、
7回を村田のイッパツのみの2失点に抑え込みます。
6回のピンチを三振で切り抜けたときは、
マウンドではクレバーな和田が珍しく派手なガッツポーズ。

続く篠原はワンポイント。
8回先頭の4番佐伯を、勢いある投球で打ち取って藤岡へ繋ぐ。
藤岡は昨日当ててしまった多村を三球三振、続く内川も三振に斬り、
最後は守護神の馬原がピンチを招くも気合いで抑え勝利!
こういう接戦をモノにしていけば、自ずと順位は見えてくるわけで。
非常にいい勝ち方、いい1勝だったですよ、今日は。

打線はその投手陣を効果的に援護出来なかったですねぇ。。
やっぱりどう考えても一番の大きなヤマは6回でしょう。
無死1・2塁からズレータがタイムリーツーベースで勝ち越し、
なおも無死2・3塁という場面で松田はショート正面のゴロ。
代打大道敬遠のあと、吉本が最悪のゲッツーで1点止まり。

松田はちょっと欲張って、技量・経験不足な感じ。
あの場面で徹底して右方向へ上から叩くってことが出来なかった。
ただ、吉本と大道の代打の順番は逆なような気がする。
先に吉本が出ても敬遠だったように思えるし、
満塁で大道の方が相手へのプレッシャーが大きいはず。
制球が乱れていた那須野だけに、タダで追加点が入った可能性も高い。
うーん…もったいない場面でした。もっと投手陣をラクに出来たのに。

しかしこのカードではベイスターズの村田に良く打たれてますね(汗)
センターから右方向に打たれているので、
もう少しシビアに内角の見せ球を使っていった方がいいんじゃないかな?
多村を抑えられているだけに、下位打線に攻められてる感じ。
無理に勝負に行かずとも、その後は8番9番なわけだし、
歩かせてもいいくらいの気持ちで、もっと幅広く攻めて欲しいですな。

さあ!
明日は球界初の育成枠から出世して来た西山が先発予定です。
チームは連勝でカードの勝ち越しは決めている分ラクに投げれるだろうし、
ニューヒーロー誕生が待ち遠しいチーム状況なだけに頑張って欲しい!
[PR]
by fivestar777jp | 2006-05-31 21:05 | 鷹雑記
得るものの多かったドイツ戦【親善試合】
どもども、おはよーございます星伍デス。
今日はいつものようにれいこを電話で起こして、
いつもならオイラはもう一眠りなんだけど…。
今日はそのまま録画していた日本vsドイツの親善試合を、
朝の6:30からバッチリ観ました!
テレ朝は朝から実況角澤、解説松木、スタジオにセルジオと慈英という、
黄金のハイテンションカルテットを準備(笑)
いやあ、オイラはこの4人はうるさくてポジティブで好きですわ☆

レバークーゼンは雨に濡れたスリッピーなピッチコンディションの中、
前半の45分は非常に耐える状況となりましたねぇ。。。。
ただ、ここでゴリ押しに攻められて失点をしなかったのは評価大。

圧倒的なドイツの支配率が続いて、押し込まれる時間帯の中、
日本のDF陣でキラリ光っていたのは坪井だったですよ。
カバーリングと1on1でのディフェンスの判断力は冴えてましたねぇ。
結構『ヤバいな』と思える場面をよくケアしていました。

オフェンス陣は、普段以上にダイレクトでボールを回そうとするも、
ドイツの早いプレッシャーとチェックの前に、
非常にボールが足に着いていない球回しが続きます。
キープして落ち着かせようと意識していたのは中田英くらいかな。
中村俊へのマークは厳しいものがありましたねぇ。
しかしやはりというか当然というか、チームの軸は中田英なんですよね。
日本の作るチャンスには起点やくさびで絡む場面が多く、
大きなサイドチェンジも非常に効果的な使い方をしていました。

前半を0-0で何とか乗り切った日本、
後半は徐々に攻撃への体勢へとシフトしていきます。
すると前半はなかなかうまくいかなかったワンタッチプレーがピタリ!
後半に高原が立て続けに2ゴールを挙げます☆
その後ドイツも底力を見せて同点に追い付かれるも、最後は凌ぎ切った日本。
ドイツ相手に貴重な勝ち点を挙げるシュミレーションになりました!

試合の展開としては、ドローな結果ですが狙い通りじゃないでしょうか。
前半耐えて後半勝負。うん、流れとしては十分合格点な試合。
とにかくリーグ戦は格上に対しては『負けない事』が最重要課題なわけで。
つまり自分らが勝つってことより、相手に勝ち点3を与えないって意識が大事。
課題とすれば、2−1の1点差に追いつかれた時に切るカードですね。

急遽駒野を投入したのはやむを得ないにしても、その後は玉田と大黒を投入。
ジーコ監督としては勝ちにいく、もう一点取るための采配だろうけど、
見てたらボランチの福西と中田英がディフェンスラインに吸収されて、
前線との間に非常に間延びしたスペースが生まれてました。
結果日本のディフェンスが守ってクリアしても、そこで相手に拾われる。

なので、個人的にはFWを1トップにして、その間のくさびに小野を入れる事で、
中盤の厚さを増す事でバランスを取るってのも一つの手じゃないかなぁと。
前を中村俊と小野に任せて、後ろを中田英がどっしり構える。
リードしている場面での采配は難しいですが、そこは課題なんじゃないかな。

…ともあれ!
優勝候補にも挙げられるドイツ代表相手のドロー。
決勝に向けてコンディションを上げていくドイツなので100%の状態ではないにせよ、
『ドイツと分けた』ことは、オーストラリアやクロアチアに対して、
少なからず圧力をかける結果になったはず。試合前のいい先制攻撃になった(笑)

本番に向けて細かい点を修正していき、グループリーグ突破を目指して、
日本代表には本当に頑張って欲しいなぁ。
[PR]
by fivestar777jp | 2006-05-31 08:15 | スポーツ全般
悪い流れは断ち切った!
いやあ、今日は終わってみれば快勝!
試合の中盤まではどう転ぶか分からない展開。

初回に柴原の送りバント失敗でチャンスを潰すものの、
2回に連打で一挙5点を挙げたホークス。
しかし新垣の走塁中の故障で急遽佐藤がマウンドへ。
2回に2点、3回に1点を取られ、ジリジリ追い上げられる、
非常に嫌な空気でした。

しかし5回裏の守備でのズレータの超ファインプレーで、
(1塁走者と交錯したあと、飛び出した2塁走者の石井を刺した場面)
一気に試合の空気が変わりました☆
その裏先頭の大村が安打で出塁し、川崎が四球を選ぶ。
柴原の打球は相手エラーを誘い1点を追加。
松中が倒れた後に、守備で貢献したズレータが2点タイムリー!
中盤で一気に突き放したホークスが、
先日の嫌な敗戦の意識を断ち切る快勝、再び貯金生活へ☆

中盤以降にズレータのファインプレーで立て直した竹岡、
そしてその後を受けた篠原が本当に良く投げた!
7回ウラの投球を見てると、本来の篠原が戻って来た感じ。
左の中継ぎが非常に苦しいチーム事情の中、
孤軍奮闘といった感じで気迫十分でしたね☆

オイラが見てこの試合のオモテのMVPはズレータで、
ウラMVPは山崎だと思うんですよね。
4安打でヒーローインタビューだったけども、
一番の貢献してるポイントってそこじゃないと思うんですよね。
先制タイムリーや猛打賞という数字での評価ではなく、
2打席目3打席目が、共に2死ランナーなしからの安打だった。
結果次の打者が投手なのでチェンジになったとしても、
次の回は先頭の大村からの攻撃になるわけです。

加えてホークスはこの試合3者凡退は7回が初めて。
つまり2アウトランナーなしの状態でのヒット2本が、
完全に相手に流れをやらない小さな圧力にもなっていたかと。
4安打放ったってことより、この2本に意味がある。
こういう得点の望みの薄い場面で塁に出ることで、
チームに貢献するっていう“影の活躍”はオイラ的に評価大です(笑)
うむ、いい仕事してたぞ山崎!

しかし新垣といい竹岡といい…あまりハッキリしない故障続き。
しかも両選手ともに足がつったのかな?
これから夏場に向けてさらに疲労が蓄積していくわけだし、
選手の身体のケアは十分にして欲しいですねぇ。
故障での離脱は今のチーム状況ではかなり厳しいっす(汗)
[PR]
by fivestar777jp | 2006-05-30 21:49 | 鷹雑記
もうすぐ始まっちゃうぞ
4年に1度の世界最大規模のスポーツ祭典が、
いよいよあと2週間後に開催されます。
FIFA W杯2006ドイツ大会!

日本代表は26日夜ドイツに到着し、キャンプ地となるボンに入りました。
日本の初戦は6月12日の対オーストラリア代表となります。
日本時間の30日深夜(31日早朝)に、ドイツ代表と壮行試合を行います。
どういうシステムと狙いで行くのか、注目の調整試合ですねぇ。

■グループA     |  予選の各グループ分けは左記の通り、
ドイツ       |  太字はオイラのリーグ突破予想国。 
コスタリカ     |  日本は戦力的うんぬんではなく
ポーランド     |  希望的予想ということで^^;
エクアドル     |  注目は当然ながら強豪揃いの  
          |  Cグループなんですけど、
■グループB     |  それ以外で悩んだのはBグループ。
イングランド    |
パラグアイ     |  順当に考えればイングランドの通過は
T・トバコ     |  堅いにしても、強豪のスウェーデンと
スウェーデン    |  試合巧者のパラグアイは凄く悩みますね。
          |  他の国だったらスウェーデンなんですけど、
■グループC     |  パラグアイはこういう国際大会の勝ち方を
アルゼンチン    |  本当によく知っているチーム。
コートジボアール  |  この2カ国が好調で走れば、
S・モンテネグロ  |  磐石なイングランドも足下をすくわれる可能性も。
オランダ      |  うーん…波乱があるならやっぱりB組かなぁ。
          |
■グループD     |  日本の戦い方はもう明確ですよね。
メキシコ      |  とりあえず初戦のオーストラリアに勝たなければ
イラン       |  その時点でもう予選突破は苦しい。
アンゴラ      |  仮に勝ったとすると、
ポルトガル     |  残りの試合でドローを拾えればって感じです。
          |  そういう意味ではOF陣よりもDF陣に注目。
■グループE     |  特に相手セットプレーの際のポジション取りで
イタリア      |  集中力を切らさないよう、
ガーナ       |  常に声を掛け合ってスペースを与えないように。 
アメリカ      |        
チェコ       |  予想では高原と柳沢の2トップのようですが…。
          |  それってイケるのかなぁと疑問ではあります。
■グループF     |  高さのオーストラリアから制空権を取るのは難しい。
ブラジル      |  なので前半は巻にガンガン前線で競り合ってもらって、
クロアチア     |  相手DFを何度も飛ばせる。
オーストラリア   |  相手のスピードが落ちてくる後半に、
日本        |  早さの大黒と柳沢で勝負…って流れの方が、
          |  90分を通して効果的な気がするんだけどなぁ。
■グループG     |
フランス      |  攻撃を含めて得点に一番近いのは、
スイス       |  やはりセットプレーからの中村俊の左足でしょうね。
韓国        |  国際大会で相手を崩しての得点は容易ではない。
トーゴ       |  なので直接狙える距離のFKと、
          |  コーナーから高さで弾かれた後のこぼれ球。
■グループH     |  セカンドボールを迷わず振り抜く積極性が欲しい。
スペイン      |  ゴール前でチマチマ回してもゴールは奪えない。
ウクライナ     |  『枠に蹴れば何か起きるかも』位の勢いがないと、
チュニジア     |  ゴールへの執着はなかな生まれない気がする。
サウジアラビア   |
[PR]
by fivestar777jp | 2006-05-30 12:39 | スポーツ全般
レフト松中は継続
どもー、火曜日の星伍です。
日刊スポーツ九州の記事で、
交流戦後もレフト・松中で起用していく方針を王監督が臭わせたようですねぇ。
個人的にはびっくりなんだけど、
ある意味本来は攻撃的な王監督なら考えられるプランではありますねぇ。

1.(中)大村    ←さらに攻撃的に考えるなら、こういうのもアリ?
2.(遊)川崎     (カブレラが交流戦後には復調してると過程)
3.(三)カブレラ   個人的に9番に捕手を置くのは好きではないので、
4.(左)松中     大道が出塁して山崎が送り、本間から上位が始まる
5.(指)ズレータ   打線にして欲しいんですよねぇ。
6.(右)柴原     もっと言えば、1番柴原で9番大村でも 
7.(一)大道     十分に効果的な攻撃が出来るだろうけど。
8.(捕)山崎     ただ、大村には少しでも多く打席に入って欲しいって
9.(二)本間     いう部分はあるんですよねぇ。

それとサプライズで、育成枠から支配下登録された小斉の1軍昇格も示唆。
先日1軍初登板を果たした西山と合わせて、
ニューヒーローの誕生を期待したいところですねぇ☆

ちなみに王監督の話題で、西スポの記事がありました。
2008年の北京五輪の日本代表監督を受けない意向を示したようです。
うん、もうこれ以上王監督に重い荷物を背負わせないでくれ^^;
「代表監督は現役の監督がやるべきではない」という持論の持ち主だし、
代表監督は手腕もそうだけど、バラバラなチームの選抜のメンツになるので、
一番大事なのは選手の人心を掴むカリスマ性と操縦術だと思うんですよね。
そう考えると星野さんが最有力候補になってくるのかなぁ??
[PR]
by fivestar777jp | 2006-05-30 12:01 | 鷹雑記
観戦こぼれ話
どもども、月曜日の星伍です。
いやー…連続観戦の翌日は仕事がしんどいですね(汗)
しかもドラゴンズ相手にあんな負け方だっただけに。。。

b0043326_10173258.jpgとりあえず土日の観戦こぼれ話。
まず、ホークスのDVD『鷹盤』を、
現在リリースされてる3枚、
一気に買っちゃいました(笑)
とりあえず王監督のインタビューと、
CM特集などが見たかったので^^;
で、オイラの性格上1枚だけの購入は、
なんだか中途半端で嫌だったので。



それと、昨年から購入してる選手カードもようやく販売されたので、
こっちもたくさん買っちゃいました(笑)
次回からは自粛して、ドームで観戦するたび1袋だけ買おうと思います^^;

それと、試合の話ですが。
れいこも書いてるように…福留の態度はホントひどかった。。。
両手を後ろに回してウロウロ、ライスタ見上げてニヤニヤ。
ホークスの打者が空振りしたら『その球はこうやって打てばいいのに〜』みたいに、
首をかしげながらスイングの身振り手振り。
オイラやれいこだけじゃなく、周りの席の人達も
「なんだあいつの態度」みたいに言い合ってました(汗)
少なくとも今までライトの守備をしてる他チームの選手を見てきて、
ゲーム中にそういう緩慢な態度をとってる選手は見た事なかった。
なんて言うのかな…打席で結果を残すだけがプロじゃないって言うか。

基本的にオイラは、プロの選手はグラウンド内で評価されるものだと思ってます。
プライベートでなにヤラかそうが、その選手の能力や実力をあれこれ言う気はない。
ただ、ひとたびグラウンドに立てば、態度や姿勢、取り組む姿は全てが評価対象。
そういう意味では、いい打者なんだろうけどプロとしては…って感じだったですな。
野球好きな子供達が大勢見に来ていた週末の試合だっただけに、残念です。
うちの柴原を見習いなさいと言いたい。リリーフ投手がマウンドでアップしてる時、
正座して背筋正してグラブ目の前に置いて、
その様子を静かに座して見守ってたんだぞ(それも違う)。

それと、松田のバントはどうにかならんもんかな。
日曜のあの送りバント失敗は、ほんとダメダメでしたな。
以前にも書きましたが、そういう意味でオイラは『松田は1度2軍へ』と言ってるわけで。
打撃うんぬんは1軍の投手の活きた球を体感して、
少しずつでも自分の目でプロの経験を吸収していって欲しいんです。
もう徹底してバント練習だけのために1度下でみっちり修練して欲しいわけですよ。
きっと今までの野球人生は必ず中心に居た選手で、バントはほとんど未経験だろうし。
いいんじゃない?長いシーズンでそういう時期があっても。
[PR]
by fivestar777jp | 2006-05-29 10:18 | 鷹雑記+α
連敗観戦はマジ疲れる
この土日は何とかチケットをゲットして、
連日でドームに観戦行って来ました…残念ながら2連敗(汗)
もうね、見ててこんなもどかしい試合は久々でしたよ。。。

b0043326_23322081.jpg試合の話は後回しにして、
久々にヒットした美味しいお店。
福岡市西新にある『いっせい』。
ここの串ものはホント美味しい☆
中でもまるちょうやしそ巻が美味!
実はこの土日の試合後は、
どっちもここに行きました(笑)
関連サイトを見つけられなかったので、
とりあえず情報だけグルメカテゴリに
書いておきます。

そして問題の試合観戦。
[PR]
by fivestar777jp | 2006-05-28 23:32 | 鷹雑記+α
鷹ファンのみんな、オイラ頑張ったぞ!
b0043326_1543181.jpgどもー、星伍デス。
この水・木とドーム2試合観戦。
見事に連勝で気分いいっす☆
水曜日は先発の松中のイッパツあり、
藤岡の好リリーフあり、
この日FA取得した柴原のお立ち台あり!
やっぱ花火は見てて気分爽快☆



b0043326_155542.jpgでもって今日は松田が大当たり!
大道も今季初のお立ち台と、
ルーキーとベテランの共演でした。
本間も2安打と好調をキープし、
松中も3四死球とよくガマンしてます。
2試合連続観戦でちょい疲れたけど、
やっぱ花火を見ると疲れもふっ飛ぶ!



でもってですね。
タイトルの話なんですが…
今日は前々から思ってた疑問を解決すべく、
悩んだ挙げ句、思い切って行動に移したわけなんですよ。
それが原因や結果に直接繋がったかどうかは定かではありませんが、
少なからずいい結果が今日は得られたので書いちゃいます(笑)

DOME駐車場問題、一歩改善??↓
[PR]
by fivestar777jp | 2006-05-26 01:56 | 鷹雑記
打線の厚み
むはー、昨日の試合は仕事でドームにも行かれず、
なおかつ会議でテレビもラジオも無理な状態…。
終わって携帯でチェックしたら負けてたです、はあ(汗)

で、会議に向かってる車の中でだけはちょこっと試合聞けたんですよ。
そしたら大道がスタメン一塁で出てるじゃないですか!
しかも6番…ん?6番バッター??

オイラは大道の役割はやっぱり代打の切り札だと思ってる。
ホークスファンのほとんどはやっぱりそういう意識なんじゃないかな?
ただね。
スタメンで使うんであればオイラの希望は5番打って欲しいんですよ。
去年まで城島を据えていた場所に。
とりあえず城島のように豪快な一発は望めないけど、
城島にはないミート力としつこさを持ってる訳で。

例えば理想を言うと、上位が出塁して松中が返す。
大道がさらにチャンスを広げてズレ−タが返すって2重の攻撃が望ましい。
もちろんそんなにウマクはいかないのが野球なんだけど、
ズレ5番、大道6番よりも逆の方が『打線の幅』としたら広いような気が。
大砲が2発並んでるよりも、それを繋ぐ楔があったほうがより大きく見えるっていうか。
大道の経験と存在感を考えれば、それも面白いと思うけどなぁ。

うーん…とりあえず今日はバッチリドームに行けそうだ!
ガンバッテ声枯らせて応援してこねば。
[PR]
by fivestar777jp | 2006-05-24 15:05 | 鷹雑記
午前零時の白星
今日の試合はアレコレ言いたいことはあるけれど。
もういいや、とにかく両チームの選手と最後まで応援してたファン、
本当にお疲れさんだったです。
ただ、これだけ言わせてくださいな。


山崎&大村&良くやった!!!


↓落ち着いて振り返ります
[PR]
by fivestar777jp | 2006-05-22 00:13 | 鷹雑記