星伍/29歳/福岡県/何気ない日々に思う事をのんびり綴るホークスファンの雑記帳。
by fivestar777jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
みやざきキャンプ便り【その1】
どもども、お久しぶりの星伍デス。
先週の金曜日から日曜日にかけて、れいこと宮崎キャンプを見に行って来ました!
いやー、今年の春以来の宮崎、頑張って運転してきました(笑)
金曜日の仕事が終わって、そのまま直行でございました。

とりあえず土曜日と日曜日の練習を見学してきたんですが、
春に比べて見学者が少ない分、ゆっくり見ることが出来ました☆
とりあえず春のファンの数は異常な多さですんで^^;

詳しい宮崎キャンプの模様はまた時間のある時に書こうと思いますが、
今日はいくつか写真だけのっけておきます☆
それとお土産を持ってきて頂いたしんさん、ありがとうございました!
とりこの地鶏、めっちゃウマカッタっす☆
今まで炭火焼は柚子胡椒でばかり食べていましたけど、
タレ焼きも美味でございました^^感謝感謝っす!

b0043326_00465.jpg

[PR]
by fivestar777jp | 2006-10-31 00:00 | 鷹雑記
行くぞ南へっ!
どもども、お久しぶりの更新の星伍です。
いやー、今週は…というか先週から約2週間に渡って超多忙な毎日でした(汗)
とにかく連日の激務でかなりしんどい状態…。
まあ、おそらく水曜日あたりまででそれもひと段落しそうです^^;

今日は朝かられいことブラブラしてましたけど、
どーにも目が覚めないというか疲れが取れないというか…。
「そんな姿見るの初めてだからどう対応していいかわからん」と言われるくらい、
疲れが滲み出ていたそうです^^;いやー、こういうのは初めてじゃ(汗)
心配かけてすまんこってす。

そんなこんなでブログも1週間ぶりの更新ですが、
ホークスはあれこれと色々な動きがあった1週間でしたねぇ。
とりあえず鳥越の引退は残念ですが…今度はコーチとしてイキのいい若手を育て、
どんどん上へ送り出して主力を脅かして欲しいっす!

そんなこんなでいてもたっても居られず、
本当は半分諦めてましたが、宮崎の秋季キャンプ行ってきます!
今季の反省を踏まえた修練を鷹軍団が積んでるか、しっかりと視察してきます(笑)

…ふう、その前にまた1週間頑張って仕事乗り切らないとな^^;
[PR]
by fivestar777jp | 2006-10-22 23:30 | 彼女
ホークス一筋19年
2006年もプレーオフ第2ステージで涙を飲んだホークス。
今年のオフは想像以上に厳しい人事が行われると想像していましたが、
まさかここまでとは予想だにしませんでした。。。しかも突然の情報です。

ホークスが戦力外通告。
・岡本 劼能 投手
・吉田 修司 投手
・定岡 卓摩 内野手
・宮地 克彦 外野手
・大道 典嘉 外野手

先日の芝草、北野、榎本の戦力外と合わせて、早くも日本人選手8名。
ファンとしては残念で複雑な心境ですが、宮地までは正直予想の範囲内でした。
しかし、ホークス一筋19年の大道までその対象とは…。
若返りを図るチームの意図も理解出来ないわけではないですが、
どういう業界であれ、暗黙の礼儀礼節というものが存在します。

プロ野球の場合、球団にとって特別な存在であったり、長く貢献してくれたり。
他の選手より貢献度が秀でている選手には球団が“引き際”をしっかり用意します。
そして、そういった“引き際”は基本的に選手と球団の間で行われるでしょうが、
自分の意志で引退の時期を決められる選手はほんのひと握り。
何年過ごせるか分からない厳しいプロの世界で、
長くに渡ってチームに貢献してくれた事に対してのリスペクトが存在します。
近い例を挙げれば、タイガースの八木、ベイスターズの佐々木など。
…そして、オイラとしては大道もそういった選手の一人だと認識していました。

昔聞いたうわさ話ですが、随分前に一度、
大道にトレードの話が持ち上がったそうです。
それを一貫して強く反対したのが、元ダイエーホークス監督の根本氏。
「大道のような選手はチームに一人、必ず必要な存在。絶対出すな!」
…その意味は、今でも代打でコールされた時の歓声を聞けば分かります。
みんなから応援され、ファンに期待感を抱かせ、場の空気を変える。
そういう選手はチームが生み出すことは出来ない存在です。

優勝を目指す為にチームの改革や人事の一新は必要な痛み。
しかしそれはやみくもに行うことでも強引に行うことでもありません。
「過去の貢献は関係なく、必要なくなれば切る」という球団の方針が見てとれる、
今回の件、球団に対しては残念な気持ちでイッパイです。
[PR]
by fivestar777jp | 2006-10-15 22:00 | 鷹雑記
2006終焉…そして。
2006年、ホークスの戦いは終わりました。
オイラ達ファンも、最後の最後まで諦めずに応援していましたが、
歓喜の瞬間は来年へお預けとなってしまいました。
非常に残念ですし、悔しいのが正直なところです。
選手は本当によく頑張った。全力を尽くして、勝利を信じて。
試合後の斉藤の姿が、それを全て物語っていたようでした。
彼の姿は他の選手の心に、ファンの心に焼き付いて、量り知れない糧になるでしょう。

もう「この悔しさをバネに!」という台詞は言いません。いい飽きちゃいました(笑)
来年こそ選手には嬉し涙を思いっきり流して欲しいし、
オイラ達ファンも一緒に泣きたいです。

今年のファイターズは本当にいいチームだった。
以前書きましたが、まるで99年のホークスを見ているような…。
昨年のマリーンズとはまた違った強さを感じました。
ファイターズのファンの皆様、おめでとうございます。
パ・リーグの代表として、セ・リーグの覇者をきっちり退けて欲しいです。

思えばプレーオフが始まって今年が3年目。
3年全て第2ステージを戦い、そして全てで相手の胴上げを見てきたホークス。
所沢→千葉→札幌と、優勝チームが渡り歩いています。
来年こそは、九州・福岡へチャンピオンフラッグを掲げて欲しいです。
この3年、チームは相次ぐ主力放出という状況で戦って来ました。
常に「あの選手の穴は誰が埋めるのか?」という中でシーズンを過ごしてきました。
若手も頑張っていることでしょうが、どうしても彼に期待してしまう。

小久保裕紀。

今のホークスを造り上げた現場の最大の功労者は、
王監督、秋山2軍監督、そして小久保だとオイラは思っている。
今のチームを支えている松中・斉藤和は小久保の背中を見て成長した。
長く東京へ“出張”に出ていた小久保。
もう十分でしょ、収まるべき正しい場所に帰っておいでなっせ。

選手としての直接的なチームの打力向上も期待出来るんですが、それ以上に、
伸び悩んでいる若手の成長に必要な人物のように思える。
ホークスの第2黄金期を造り上げる為には、どうしても彼の存在が必要。

鷹の背番号9が、福岡のファンが、待ってるぞ。
[PR]
by fivestar777jp | 2006-10-13 01:01 | 鷹雑記
2006プレーオフ1st.第3戦
ども、月曜日の星伍でございます。
今日も昨日の勢いに乗ってドームのPV観戦に行って来ました!
れいこ&けーたんさんと3人での観戦だったんですが、
結果はホークスの快勝!第2ステージ進出決定です☆

まず、昨日の勝ち方を受けての今日の試合。
先発は寺原ということで、多少の不安は正直ありました。
んが、ポイントは寺原の出来うんぬんより、寺原の変え時だと思ってて。
5回終わってスパッと変えたタイミング、ズバリでしたね。
寺原自身の出来も、想像以上に良くお見事でした☆
リリーフの柳瀬は、何とプレーオフ2試合で2勝という素晴らしい結果。
うーん、今季一番いい状態かもしれません、今。

打線は、中盤までは西口の前に散発だったものの、7回に捉えました。
貴重な貴重な同点打は、代打稲嶺のバットから生まれました!
これまで守備固めや代走などでホークスを支えてきた小さな苦労人が、
大舞台で大きな大きな仕事をやってのけてくれました☆オイラは嬉しい!

追い付いて勢いに乗ったホークスは、その次の回の攻撃で一気に逆転。
ズレータのホームランはカウント1ー3から。
投手が投げる直前に、けーたんさんと「この球を狙え!!」と叫んだ瞬間でした!
横ではれいこが感動して泣いてるし、もう鳥肌ものの最高の瞬間でした☆
日本中のホークスファンが歓喜した瞬間だったと思われます^^
もう席でメガホン持ったまま、拳突き上げまくりでした(笑)

上でオイラが今のホークスが「今季一番いい状態」と表現してるのは、
このズレータのイッパツだけで得点が終わらなかったから。
その回にもう1点、最終回にダメ押しのもう1点。この終盤の積み重ねが今の強さ。
藤岡、馬原というリリーフ陣が控えているだけに、
こういう加点は強いチームに出来る「いいカタチでの勝ち方」ですよね。
本来はライオンズがこういう試合運びが得意でしょうけど。

さて、とにもかくにもこれで札幌行きのチケットは鷹が手にしました!
次なるターゲットは北の大地で待ち構えています。
まずはあちらに乗り込み、戦場を福岡へ移し、最後の歓喜の瞬間を味わいたいっす!
今季のスローガン「倍返し」は、千葉ロッテマリーンズだけのものじゃない。
「プレーオフ」に対しての倍返しじゃあ!

今のホークスからは、どん底の土壇場から息を吹き返した、
WBC日本代表とダブるようなチームの強さが感じられるんですよね。
また逆にファイターズですが、地方で地域密着の球団として育ち、
地元のファンに愛される姿は99年に優勝したホークスの姿とダブって見えます。
どちらも素晴らしいチーム、最高のプレーオフ決戦を見せて欲しいです。
もちろん、その上でホークスが3年越しの悲願を手に入れられることを願ってます!

おまけの余談ですが、実はオイラ…昨年からプレーオフ観戦で負けナシ(含むPV)!
ホークスよ…絶対に福岡に帰ってくるのだ!(笑)
[PR]
by fivestar777jp | 2006-10-09 21:11 | 鷹雑記
2006プレーオフ1st.第2戦
もう後がないホークスが迎えた2006パ・リーグプレーオフ第2戦。
ホークスの先発は和田、ライオンズは松永の左腕対決。

今日は気合いを入れて午前中からドームへ。初のPV観戦☆
れいこと妹と合流し、バックネット裏からバックスクリーンへ向かって、
ガンガン声援を送りました!
その甲斐あってか、本日は眠っていた打線が大量得点で見事勝利☆
これで逆王手となり、明日の第3戦で全てが決まります。

今日の試合、中盤までは本当に分からない試合展開でした。
4回に一気に4点を挙げたホークスですが、5回裏に2失点で1点差。
どう転ぶかわからない状況で、6回に追加した1点が大きな大きな意味を持ちました。
ただ、ちょっとライオンズの投手陣はオカシイ。
昨日の松坂が4死球、今日は2死球に加え、顔付近の直球もいくつかあった。
個人的には「当たらなければ危険ではないのか?」と思うような危険球。
審判は投手に言うなりベンチに警告するなり配慮して欲しいですねぇ。

ついに松中のバットから執念の一撃が生まれ、ズレータも豪快弾。
終盤不調だった大村もマルチだし、本多の好守も光りました。
中継ぎではルーキー柳瀬がここに来て重要なポイントを締め、
チームとしてはシーズン通して「やっとこういうカタチになってきた」と、
嬉しく思える試合内容でした。いやー、ここまで長かった。

ただ、インタビューで松中も言ってたけど、今日の勝ちが目標じゃないわけで。
現在(今年まで?)のルール上では、まだ今季パ・リーグの優勝は決まってません。
可能性がある以上、最後の最後まで諦めずに応援するのみっす!
明日は行かない予定でしたが、気が付けば試合後に明日のPVチケットも購入(笑)
うし、明日も気合い入れて応援しに行くかぁ!!

とりあえず久しぶりの勝利の花火と、
光が差してきたかのごとくに見えた本日のルーフオープン(笑)
b0043326_22341976.jpgb0043326_22344160.jpg
[PR]
by fivestar777jp | 2006-10-08 22:35 | 鷹雑記
2006プレーオフ1st.第1戦
2006年パ・リーグプレーオフ、1st.第1戦。
レギュラーシーズンを3位で終えた我らがソフトバンクホークスは、
2位のライオンズと所沢で第1ステージを戦います。
その初戦が昨日、行われて結果は0-1の悔しい敗戦。

けどね、ホークスファンのみなさんには怒られるかもしれませんが(笑)
昨日の両先発、ホークス斉藤和、ライオンズ松坂の両エース。
まさに、今の日本球界で最高峰の両投手による激戦でありました。
負けたけど、いいもん見せてもらったという変な満足感がありまして。
どちらが勝ってもおかしくない内容、本当に素晴らしい投手戦でした。

初戦が勝った方が圧倒的有利な第1ステージですが、
オイラ的には対松坂なので、接戦での敗戦も十分織り込み済だった分、
あまりガックリ感はなかったんですよねぇ。
勝負は明日からの2試合じゃっ!
[PR]
by fivestar777jp | 2006-10-07 21:57 | 鷹雑記
佐世保日帰りの旅
どもども、月曜日の星伍でございます。
昨日の日曜日は、れいこと日帰りで遊びに行って来ました☆
向かった先は『佐世保』です。
本場の佐世保バーガーを食い、城島健司記念館を訪れるプチ旅行。
いやー、短時間でグルッと回って来ましたけどオモロかったっす!

まず予定の待ち合わせ時間にオイラが起床(笑)
れいこの「準備出来た」の電話で起きてしまいました…^^;
いやね、先週は激務だったわけですよ、土曜も出勤で忙しかったので(言い訳)
とにかく慌てて起きて準備し出発、もうバタバタでした。
で、れいこを迎えに行って合流したあとは一路佐世保へ。

b0043326_23374870.jpg13時前に目当てのログキットに到着。
ここはかなり有名なお店らしく、
今はトヨタのCMでも登場してるようです。
とりあえず到着して即お店に入ると、
カウンターに『ただいま60分待ち』の
表示が大々と掲示されていました(汗)
とりあえず予約して外の車で待機し、
一時間後にようやく昼食に。


b0043326_23381599.jpg出てきたハンバーガーは、
今まで見た事のない大きさのもので、
直径15cmオーバーのデカさでした(笑)
もう口の周りはソースとケチャップだらけ、
ボリュームはこれ以上なく強力でした^^;
とりあえず本場の味を堪能できて満足☆
しかし1時間待ちはしんどかった(汗)



b0043326_23384384.jpgでもって次に向かったのは、
我らが城島健司の記念館でございます。
城島の子供の頃からのグッズとか、
写真・賞状など多数展示してありました。
使用したユニフォームなどは試着出来たり、
なかなか見ごたえのあるものが多かった。
城島の使ってたバット…重かったなぁ^^;



夕方には福岡に帰ってきて短時間の日帰りだったけど、
なかなか楽しい時間でございました☆
[PR]
by fivestar777jp | 2006-10-02 23:39 | 彼女