星伍/29歳/福岡県/何気ない日々に思う事をのんびり綴るホークスファンの雑記帳。
by fivestar777jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
vsブラジル戦
ドーモ、木曜日の星伍です。

今から7時間くらい前ですが、
コンフェデ杯のvsブラジル戦がドイツで行われました。
さすがにリアルタイムで観る元気はなかったので、
録画して朝早くに起きて見ることに。

とはいえ、どうにも早起き出来る自信がなかったので、
彼女さんに電話で起こしてもらいました(笑)
オイラの寝起きが悪かったのか、
「ガンバレー!」とか言われてた気がする…(汗)
おかげさまで観ることが出来ました。ありがとね。

で。…で!
試合の方ですが…すごい試合になってました。

開始4分、小笠原のスルーパスに飛び出した加地が、
ダイレクトでシュートを放ちネットを揺らすも、
判定はオフサイド。。。惜しかった!
しかし、このプレーでリズムを掴んだ日本は、
互角にブラジルとの試合を展開。

しかし、前半10分にロナウジーニョ-ロビーニョのラインで
先制点を許してしまう。
いやあ、この2人に前を向かせてしまうと、やっぱやられちゃいます。
その後もカカのシュートなど危ない場面もあったけど、
今日の日本代表はそれでもリズムを崩すことなく対応。

ブラジルのペースになりかけた前半27分。
FKを中田英が素早くリスタートし、福西を経由してボールは中村俊へ。
それを迷うことなく左足でミドルシュートを叩き込み、同点!
いやあ、ゴール自体も素晴らしいものだったんだけど、
このシュートまでの判断がすごく早かった。

同点に追い付かれていよいよ本気モードになったブラジル。
その5分後、今度はカカ-ロビーニョ-ロナウジーニョのラインで、
あっさりと追加点を上げる。
中央→左サイド→中央と、さすがと言う連係でした。

これ以降は膠着状態が続き、迎えた後半43分。
相手ゴール正面約25m、絶好の位置で日本のFK。
キッカー中村俊の蹴ったボールは壁の頭を越えてゴールへ。
惜しくもポストを叩くも、それを大黒がボレーで詰めて同点!
その後にも大黒の惜しいヘディングシュートがありましたが、決まらず。
結果2-2の引き分けで、日本代表、予選通過ならず。

この試合、得るものは非常に多かったと思うけど、
オイラが何が嬉しかったって、ドイツの観客ですよ。
後半同点に追い付いた後、スタジアムは“大ニッポンコール”ですよ。
声の主は日本人サポーターでなく、現地ドイツの観客。
「ひょっとして、こいつらやるんじゃねえか!?」と、
日本サッカーがドイツで認められた気がして、すごく熱い思いがしました。

ともあれ、この大会の日本は1勝1敗1分の勝ち点4でフィニッシュ。
惜しくも得失点差で予選リーグ通過はなりませんでしたが、
リーグ戦で大事なのは“勝ち点を得ること”です。
昨年の欧州王者のギリシャ、2002年W杯王者のブラジルから、
それぞれ勝ち点を奪えたことが何より大きな結果でしょう。

当然、選手やジーコさんはこの結果に満足してないでしょうが、
来年のドイツW杯に繋がる大きな大会だったと思われます。

いやー、今日は朝からいい試合見た!
おかげで眠い!(笑)
[PR]
by fivestar777jp | 2005-06-23 10:58 | スポーツ全般
<< 国際舞台 何とか連勝 >>